FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族でスキー旅行に行ってきました。

こんにちは。
刺繍はしばらくお休みしていました(>_<)
家族でスキー旅行に行ったので、その準備と旅行と片づけをしていました。
スキー場4
上越国際スキー場に行きました。ホントしんどかったぁ。
若いころはスノーボードが大好きで良く行っていたのですが、近頃はチビどもを連れてどこかに行くのがしんど過ぎます。
スキーを3日間やりましたが、初めの2時間で太ももがパンパンで限界になりました。
スキー場3
娘と林間コースを滑りましたが、娘のスピードに合わせて滑るのが辛かった。
もう3月下旬で雪は少なかったですが、上の方にはまだ雪がありました。
スキー場5
ラッキーなことに到着の前日から急に寒くなり雪が積もったみたいで、越後湯沢駅の周辺も積もっていました。
スキー場1
これは1日目の写真です。右上方のリフトのあたりにも雪がありますが2日目辺りにはとけてなくなってきました。
スキー場2
息子はキッズパークでオットと楽しくあそんでいました。
娘も滑れるようになり、「もっとスキーしたかった」と言っています。息子は一人で滑りまくって帰り際には時間をオーバーするくらい楽しんでいいました。
この分じゃ来年もスキーに行かねば。
体きたえなきゃな。刺繍している時に空気イスしてればいいかな(*´д`)??
スポンサーサイト

イニシャル刺繍。Tを葉っぱで埋め尽くす。

こんにちは。
最近失敗が続いていたのでちゃんと出来た刺繍を紹介するのは久しぶりです。
アルファベットを葉っぱで埋め尽くして刺繍しました。

息子の給食袋にするので息子の好きな緑づくしです。
もう小学5年生です。でかいです。
IMG_4729.jpg
図案はTをプリントして葉っぱを書き込みました。
花を入れたくなるけどぐっと我慢。一気に女子向けになってしまうから。
以前はコピーペーパーを使っての図案写しが苦手でしたが、今はコツをつかみましたよ。
IMG_4733.jpg
と思っていましたがやっぱり苦手。
よく見たらはじっこの方が歪んで転写されています。
特に下の左右の端が違う。刺繍が終わってから気づきました(-_-;)
IMG_4754.jpg
図案のゆがみで左右の端の形が違ってます。
IMG_4755.jpg
どんどん刺繍していきます。
緑の葉っぱだけで刺繍するって結構難しいです。
しかも生地も緑なんで糸の色選びに苦心しました。
IMG_4756.jpg
そしてもう完成です。写真撮り忘れてました。
お次は「Y]を刺繍します。
写真はこまめに撮るよう努力します(`・ω・´)ゝ
IMG_4759.jpg

刺繍針に糸を通すのをマスターしました(`・ω・´)ゝ

こんにちは。
風邪のせいなのか、子どもと一緒に寝ているからなのか、刺繍の姿勢が悪いからなのか首が痛いです。
一番は年のせい?
首の後ろを温めると楽になるので「レンジでゆたぽん」というもので温めています。

さて、刺繍針に糸を通す時どうしてます?
糸通しを使ったり、はさみで斜めにカットしたりと色々な方法があると思うんですが王道の糸の通し方をマスターするととても楽になりますよ~(*^_^*)
刺繍の本に載っている糸の通し方はそんなんじゃうまくいかないよ~と思っていたんですが、そんなことなかった!
ただコツがあるんです。本の通りにやっても出来ません。
そのやり方をお伝えします。
IMG_4741.jpg
糸は左手、針は右手に持ち針に糸をかけます。
IMG_4746.jpg
親指と糸刺し指にはさみ、糸がピンと張るように軽く針で糸を引っ張ります。
IMG_4747.jpg
そのまま指ではさんで針を抜きます。
糸を指で強く押さえます。ギューッと(>_<)
IMG_4748.jpg
強く合わせていた指を緩めます。糸の頭がチョットだけ見えるくらいです。
写真はほんのちょっぴりだけ糸が見えているんですが分かりますか?
IMG_4750.jpg
その糸の頭に針の穴を合わせて通します。
写真には肝心なところが写っていませんね。すみません。
糸を指に挟んだまま、糸の頭に針穴を合わせて指の間に針を通す感じです。
IMG_4753.jpg
凄くうまくいく時は指の間を上から下へ針を通せば指で挟んでいた糸が通っています。
失敗したときには糸をずらして再トライしてください。
何度か練習してコツをつかめばスーッと通るようになりますよ。
今回使用した針は細めの針です。それでも2本の糸が通りました。100発100中とはいきませんがね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。